RCE横浜若者連盟は大学で導入されているリ・リパックの回収率コンテストを行います!

本日神奈川県民センター10階にて東京都市大学、明治学院大学、横浜市立大学、横浜国立大学の環境団体代表者にきていただき、決議会を行いました。

リ・リパックとは学生はご存知の方も多いと思いますが、弁当容器に使われる再利用可能な食品容器のことです。大学生協で販売される弁当の容器に導入されており、使用後は汚れた表面のシートを剥がして捨て、容器はリサイクルができます。

しかしぺらっと剥がす手間からか、回収ボックスが近くにないからか、、回収率が低いと言うのが課題としてありました。そこで生まれたのがこの企画です。実はこれ、新メンバーの持ち込み企画!その背景については横浜経済審部に掲載される記事をぜひぜひ読んでみてくださいね。あとでリンク貼っておきます♪

週1の集計が難しいということで、1カ月単位で集計を行い、6月を試験実施、7月を本実施として一番回収率の高い大学が優勝となります。
試験実施期間で出た各大学の回収率のデータをグラフ化してポスター掲示して、他大学の回収率状況を知ることで競い合い回収率の向上を図ります。また参加団体には課題解決に向け政策を一つ行い回収率向上に向けてアクションをしてもらいます。

回収率の結果については11月に開催予定の第3回横浜学生環境活動コンテストで発表する予定です。今回はあまり表だったイベントではないですがこれからもTwitterやFacebookでも情報発信していきますのでよろしくお願いします!

Share →

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です